おとかぞくのボーカルレッスン風景を公開します。

  • HOME
  • お知らせ
  • おとかぞくのボーカルレッスン風景を公開します。

みなさんこんにちは!今から音楽を始めたい超・初心者のための新宿バンドサークル「おとかぞく」です。

本日のピックアップレッスンはこちらのお二人。

お二人ともボーカルレッスンに通い始めたばかりの初心者の方です。

おとかぞくのボーカルレッスンでまずお伝えするのは「大声」の練習です。

カラオケの音を大音量で流して、その中で会話をしていただきます。

バンドのボーカルというのは大音量の中で歌う場面が多く、会場も広く最後尾のお客様はかなり遠くにいるという場面も少なくありません。

カラオケに慣れている方は無意識のうちにマイクに向かって歌うクセがついてしまっていて、声も小さい場合がほとんどです。

しかしバンドのライブでは大音量の中で最後尾のお客様まで届くよう意識して歌い、その手元にたまたまマイクがあることで声を増幅させているという意識が重要です。

まずは大声になれていただくために、マイクなしでカラオケを歌っていただきます。

次にマイクを持つのですがオフの状態で歌う訓練。

そうすることで「声はマイクに向かっているが声自体は遠くに飛ばす意識」が身につきます。

ここまでが当たり前になったらいよいよマイクをオンにして、今までと同じように「マイクがないつもり」で歌います。

すると皆さん30分前とは別人のように声が大きくなります。

 

ここまではただの「大声」であり、まだ「発声」と呼べるものではありません。

この段階から初めて「発声」をお教えするわけですが、まず一番大事なのは「腹式呼吸」です。

レッスン生の方にはソファーに仰向けに寝転んでいただき、腹式呼吸の感覚を掴んでいただきます。

人間は仰向けに寝ている時は完璧な腹式呼吸になり、息を吸うとおなかが膨らむ、息を吐くとおなかがへこむという動きになります。

この際、肩や胸が一切動かずお腹だけが動くことを確認していただきます。

 

その動きを起き上がって(立ち上がって)やるのですが、これが意外と難しい!

どうしても肩で息をしてしまって胸式呼吸になってしまいます。

そこで講師がお腹を急に押すことで声が押し出される感覚を覚えていただきます。

例えば小学校の頃にドッジボールやバスケットボールなどでお腹にボールが当たって「ぐえっ!」と声が出てしまった経験が誰にでもあるように、人間のおなか(腹筋)にはそういう機能があることを体感していただきます。

それが分かったらいよいよ実践!声をのんびり出せるバラード曲をカラオケに入れていただいて、お腹をへこませながら声が出るよう練習していきます。

このタイミングや感覚を掴むと、ご自分で思っている以上に声がドーン!と出る瞬間に出会えます。

慣れてくると全ての音をこの声で歌えるようになります。

基本が出来たらビブラートやウィスパー、エッジボイスやミックスボイスなど、専門的な技術をお教えしていきます。

無料体験レッスンはこちらから