初心者のための社会人バンドサークル・音楽教室

お役立ち情報

ギターが上手くなりたい人のための、たった1つの上達法。

投稿日:

おはようございます!

超・初心者の方のための音楽サークル「おとかぞく」代表の大塚博一と申します。

本日はギターに限らずベース、ピアノ、ドラム、ボーカル、その他全ての楽器や音楽全般において、

たった一つの上手くなる方法をお伝えしたいと思います。

続けること。

シンプルですがこれが答えですね。楽器は続けなければ絶対に上手くなりません。

どんなにセンスのいい人でも1日でプロ級になれるわけではありませんし、どんな人でも1年目より5年目の方が上手いに決まっています。

50歳から楽器を始めたとしても、1日目には分からなかったことが1週間すれば分かるかもしれません。

どんな人でも100%、続ける以外に上達の道はあり得ないのです。

続けるにはどうしたらいいか?

楽器上達の最大コツ続けられる環境に身を置くことだと私は考えます。

・一緒に練習する仲間がいること

・今の自分の弱点を教えてくれる先輩や先生がいること

・ライブなどの予定が常に決まっていること

・練習やライブに誘ってくれる仲間がいること

・差をつけられたくないライバルがいること

・レッスンを受けるなら授業料が無理のない金額であること

などが挙げられます。

一人で部屋に閉じこもって弾くのももちろん大事ですが、それだけだとどうしてもモチベーションが続かない時もあります。

そんな時に励ましてくれたり、無理やりにでも引っ張り出してくれる仲間の存在は楽器上達において非常に重要です。

「おとかぞく」で私が一番大事にしているのはまさにその部分です。

レッスン内容ももちろん大事ですが、それよりも誰もが続けやすい環境にあることを最重要視しております。

「上手くならないからやめた」という人へ。

1度ライブをやったら満足かと思っていたけど、仲間に誘われるうちにどんどん楽しくなって結局何年も続けている。

という方もいらっしゃいます。

もうちょっとだけ、もうちょっとだけと思っているうちに結局全パートできるようになっていた。

という方もいらっしゃいます。

ギターでFが押さえられなくてやめたけど、ベースをなんとなくやっているうちに指の力がついてFが押さえられるようになっていたからまたギターを始めた。

という方もいらっしゃいます。

ボーカルの方でリズム感が悪いからドラムをちょっとかじったら、ボーカルよりもハマってドラムでサポートになりギャラがもらえるようになった、もちろんリズム感も良くなってボーカルも上手くなった。

という方もいらっしゃいます。

色んな練習法がありますが、情報が多すぎて今の自分には何が必要なのか、本当にこれで正しいのかという判断は非常に難しいものがあります。

ですが間違いなく断言できるのは、続けていれば上手くなるという事実です。

私も毎日練習をする中で「全然上手くならないなぁ」と感じることの方が多いです。

でも数か月前、数年前の動画なんかを見ると、確実に上手くなっている自分に気付けるんですよね。

「上手くならないからやめた」のではなく、「やめたから上手くならない」のです。

やめていなければ今のあなたは少なくともその頃よりは確実に上手くなっているはずなのです。

これは初心者の方でもセンスがない方でも100%共通事項です。

上手くならないからやめようかなぁと思っている方、諦めずにぜひ頑張ってみてください。

上手くならずにやめてしまった方、ぜひもう一度チャレンジしてみてくださいね☆

無料体験レッスンはこちらから。

-お役立ち情報

Copyright© おとかぞく , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.