初心者のための社会人バンドサークル・音楽教室

お役立ち情報

【ボーカル】ウィスパーボイスの出し方(初心者の方むけ練習法)

投稿日:

おはようございます!

超・初心者の方のための音楽サークル「おとかぞく」代表の大塚博一と申します。

本日はウィスパーボイスの出し方・練習法についてお伝えしたいと思います。

初心者の方向けですので専門的な表現は省いて、わかりやすくお伝えしていきますね。

練習法

内緒の話をするときや、寝起きドッキリの仕掛け人なんかが小さい声で「おはようございます」と言いますよね?

あれがウィスパー(ささやく)ボイスです。

普通におはようございますと言うのが声100%だとしたら、音が全く出ないように息だけで喋るのが息100%の状態。

その2つを混ぜて声と息が両方出ている状態にします。

注意点

ウィスパーボイスは息を多く消費するので、普通に歌うときよりも早く息がなくなってしまいます。

腹式呼吸の練習はもちろん、普段から走ったり腹筋を鍛えたりすることで、より魅力的なウィスパーボイスに近づけます。

あと、ウィスパーボイスだと高音が出にくくなりますので、優しい声のまま高音を出したい時は僕の場合はファルセットを使います。

カラオケで練習する曲は・・・

カラオケで練習する場合は、バラード曲を選ぶといいです。

もし可能であればピアノ一本の名演アレンジなどが練習しやすいのではないかと個人的には思います。

最終的にはしっかり張る声とウィスパーボイスを色んな所に織り交ぜていけるといいのですが、

最初のうちはAメロとBメロは全部ウィスパー、サビはしっかり張るくらいの区別の仕方でもOKです。

慣れてきたら文字単位で織り交ぜていけると非常に上手く聞こえます。

やっているうちに「あ、今ここウィスパーで歌ったけどもっと強めでもよかったな」とか「ここはもっと息の分量を多くする方がよさそうだな」とか色々発見があります。

 

今回はちょっと文章では伝わりにくかったかもしれないので、わかりにくい方はお気軽に無料体験レッスンに遊びにいらしてくださいね☆

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

無料体験レッスンはこちらから

-お役立ち情報

Copyright© おとかぞく , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.