初心者のための社会人バンドサークル・音楽教室

お役立ち情報

(ボーカル初心者)歌詞がはっきり聞こえるようになるトレーニング

投稿日:

おはようございます!

超・初心者の方のための音楽サークル「おとかぞく」代表の大塚博一と申します。

本日はボーカルの方のために、大音量のバンドの中でも歌詞がはっきりと聞こえるようになるためのトレーニング方法をお伝えしたいと思います。

カラオケでできる簡単な練習ですので、ぜひ試してみてくださいね☆

カラオケを流しながら会話する

まずはお友達とカラオケに行って、適当な曲を選んでカラオケを流します。

その曲は歌わずに、大音量でオケを流しながらお友達と会話をしてください。

「今日何時に起きたの!?」「8時!!!」「それから何してたの!?」「シャワー浴びてごはん食べて、テレビ見てた!!!」

このなんの変哲もない普通の会話を、大音量の中でやってみてください。

例えば賑わっている居酒屋さんなんかに行くと、お友達同士で「次何飲む?」と聞いたりしますよね?でも周りが賑やかだから大きめの声で届くように言いますよね?あの感じです。

できるだけ単語で終わらず、長めの文章で喋るように心がけてみてください。

マイクを使わず歌う

カラオケを流しながら会話が出来るようになったら、そのまま歌うだけです。

好きな曲を入れたら、まずはマイクなしで歌いましょう!先ほどお友達と会話をしたのと同じように、マイクがなくても大音量に負けずに相手に言葉をしっかり届けることを意識してください。

相方のお友達はできればモニターを見ずに、目をつぶって聞いてあげてください。それでも歌詞の一文字一文字がしっかり聞こえているかどうかチェックしてあげてください。

マイクをOFFのまま持って歌う

次にやっていただきたいのは、先ほどと同じ曲を入れて、マイクをOFFのまま持って歌うということです。

ライブ本番ではマイクを持って歌うわけですが、マイクに頼らないクセを身に着ける練習です。

マイクを持ってはいるけどOFFのままなので、結局先ほどと同じでマイクなしの状態です。

マイクをONにして歌う

もう一度同じ曲を入れて、最後は普通にマイクを使って歌いましょう。

この時、マイクがONだからといって力を抜かないように、さっきまでと同じようにマイクがないものと思って歌ってください。

例えばマイクの力であなたの声が3倍になるとして、あなたの声が1ならマイクを使えば3、あなたの声が10ならマイクを使えば30です。

3を30にするときに、結局鍛えるべきなのは自分の声なんですね。

もちろんマイクを使わなければできない技術もありますが、今回は自分の声自体を鍛える練習方法をお伝えさせていただきました。

音家族でもボーカルの方には必ずやっていただく練習で、初心者の方でもしっかり歌詞が届くように意識していただいております。

最初の「大音量の中で会話する」というのはウォーミングアップでいいですが、

1.マイクなしで歌う

2.マイクをOFFのまま持って歌う

3.マイクをONにしてさっきまでと同じように歌う

というこの一連の流れを何度も繰り返してみてください。

1時間もやれば意識がガラッと変わりますし、1週間もやれば別人のような声になれますよ☆

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

無料体験レッスンはこちらから

-お役立ち情報

Copyright© おとかぞく , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.