初心者のための社会人バンドサークル・音楽教室

お役立ち情報

(ギター入門)全フレットの音階を英語で覚えよう~超・初心者むけ~

投稿日:

おはようございます!

初心者のための音楽サークル「おとかぞく」代表のひろです。

本日はギターを始めたばかりの方のために、フレットの音階についてお話できればと思います。

ベースの方も同じですので、参考になれば嬉しく思います。

 

 

1.まずは鍵盤で見てみよう!

この画像をご覧ください。

ピアノの鍵盤ですね。

はどこか分かりますでしょうか?

正解は、ここです。

どうやって見分けるかと言いますと、黒い鍵盤を見てください。

よく見るとところどころ間が抜けているのが分かりますよね?

その結果、黒い鍵盤が2つ並んでいるところと3つ並んでいるところに分かれています。

その2つ並んでいるところの左下の白い鍵盤がドです。

ド以降の音階を当てはめていくとこうなります。

では次に、黒い鍵盤のお話です。

この黒い鍵盤はなんという音でしょうか?

ご存知の方も多いですよね。

知らなかった方も一緒に勉強していきましょう。

これは、ド#(またはレ♭)と言います。

#(シャープ)というのは半音上がる、♭(フラット)というのは半音下がるという意味です。

つまり、

ドの半音上だからド#とも言うし、同時にレの半音下でもあるからレ♭とも言うわけです。

なぜ2つも呼び方があるかというと、ちょっと深い理論になってくるとこの場合はド#と言う、この場合はレ♭と言わないと都合が悪いみたいなこともあるんですが、今はあまり気にしなくて大丈夫です。

黒い鍵盤は2つ呼び方があるんだと思っていただいて結構です。

では次の黒い鍵盤は、レの半音上だからレ#、と同時に、ミの半音下だからミ♭とも言います。

そして次は間が抜けているわけですね。

ミが半音上がるとミ#とは言わずにファです。

ファが半音下がるとファ♭じゃなくてミ。

全部埋めていくとこうなります。

 

2.英語で言ってみよう!

みなさんが普段使うドレミファソラシというのは、イタリア語です。

これを英語で言うと、CDEFGABとなります。

ドはCですね。

なぜドがAじゃないのかについても説明もあるのですが、また別の機会にお話ししますね☆

それでは今の鍵盤を、全部英語で言ってみます。

こうなります。

 

3.ギターの全音階を知ろう!

まず最初に、ギターの解放弦の音を覚えちゃいましょう。

6弦・・・E

5弦・・・A

4弦・・・D

3弦・・・G

2弦・・・B

1弦・・・E

です。

では次に、ギターのフレットを紙に書いたものをみてください。

一番左の解放弦のところだけ埋めちゃうとこうなります。

ちょっとおさらいします。

Eというのはミですね。

で、鍵盤で見てみるとミの次には黒い鍵盤がなくて、すぐにファに行ってるので・・・

この音はファ、英語で言うとFということになります。

では次の音は何でしょうか?

これはファから半音上がっているのでファ#、英語で言うとF#(またはG♭)ということになります。

ではこの調子で、全部埋めていきましょう!

全部の答えはこちら

↓   ↓   ↓

EとF、BとCの間には#がなく、そのまま続く感じになりますね。

 

最後に一つだけ覚えておいてください。

ドレミファソラシ、それにド#、レ#、ファ#、ソ#、ラ#、

基本的にはこの12この音で音楽は構成されています

ドから始まって半音ずつで12こ上がればまた次のドに辿り着くわけです。

なので・・・・

今書いていただいたギターのフレットも、0フレットと12フレットではすべての弦の音階が同じなんですね!

ということは、この紙には書かれていない13Fは、1Fと同じ音階ということになります。

お役に立ちましたでしょうか?

おとかぞくでは最初の無料体験レッスンでもこの内容をお伝えしておりますので、文章で分かりにくかった方はお気軽に遊びにいらしてください。

無料体験レッスンはこちらから

 

-お役立ち情報

Copyright© おとかぞく , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.