初心者のための社会人バンドサークル・音楽教室

お役立ち情報

ギター基礎練習(クロマチック進化版)

投稿日:

おはようございます!

初心者のための音楽サークル「おとかぞく」代表のひろです。

前回クロマチック練習をお伝えしましたので、

本日はクロマチック練習の進化版をお伝えしたいと思います。

これからギターを始める方のお役に立てれば嬉しく思います。

 

昨日お伝えしたのは一番基本のパターンです。(記事はこちら

なぜ1234と全てのフレットを全ての指を使って弾いていくのかというと、もう皆さんお気づきかと思いますが、全ての指を均等に鍛えるためです。

これはこれで非常にいい練習で、私も今でも毎日やっておりますが、

果たして本当に全ての指を均等に鍛えていいのか?というのが本日のテーマです。

例えばドラクエなどのRPGをやったことがある人は分かりやすいと思うのですが、

あなたのパーティーには4人の仲間がいるとして、

それぞれLv.50、Lv.30、Lv.10、Lv.5だとしましょう。

このパーティーでラスボスに挑むとしたら、何が不安でしょうか?

そうですね、レベルの低い二人が不安ですよね?

その二人が回復系の魔法なんて持っていたら、最初のターンでやられてしまって二度と回復することが出来ず、パーティーは全滅です。

なのでラスボスに挑む前に、弱いメンバーのレベルを上げておきたいところですよね。

ですが、全く同じ分だけの経験値を振り分けていたのでは、他のメンバーとの差はいつまで経っても埋まりません。

つまり、弱いメンバーにはより多くの経験値をあげなければならないのです。

 

指の話に戻ります。

ギターを弾くのに使う左手の人差し指・中指・薬指・小指の4本。

どれが一番使いやすくて、どれが一番使いにくいですか?

おそらく人差し指と中指が使いやすくて、薬指と小指が使いにくいという方が多いと思います。

ということは、弱い薬指と小指には特に多くの修行をしてもらわないと困るわけです。

 

そこで、以前おとかぞくにいた優秀なベーシストが教えてくれた「クロマチック進化版」がこちらです。

まず6弦で1F→2F→3F→4Fと弾きます。

そのまま同じ6弦で、2F→3F→4Fと弾きます。

最後にまだ同じ6弦で、3F→4Fと弾きます。

まとまると、1→2→3→4→2→3→4→3→4となります。

こうすると1つのパターンの間に

人差し指・・・1回

中指・・・2回

薬指・・・3回

小指・・・3回

と、鍛えられる回数に差が出てくるんですね。

6弦を弾いたら次は5弦で同じことをして、4弦→3弦→2弦→1弦と降りていきます。

もどる時はさっきの反対で、

4→3→4→3→2→4→3→2→1となります。

これを1弦~6弦まで上がってきて、戻ってきたら次は2Fからスタートして・・・という感じで、9Fくらいまでやっていくと薬指と小指がかなり疲れると思います。

この練習を教えてもらった時は私も目からウロコでした!

ぜひ皆さんもやってみてくださいね☆

無料体験レッスンはこちらから

 

-お役立ち情報

Copyright© おとかぞく , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.