初心者のための社会人バンドサークル・音楽教室

お役立ち情報

ギター基礎練習~これだけは毎日やっておこう~(クロマチック)

投稿日:

おはようございます!

初心者のための音楽サークル「おとかぞく」代表のひろです。

本日は「毎日これだけはやっておこう!」というギターの基礎練習についてお話したいと思います。

世界3大ギタリストと言われるジェフ・ベック氏も「今でも毎日これだけはやっている」と何かで読んだことがあります。

それくらい大事な意味を持つクロマチック練習について書かせていただきます。

 

 

1.やり方

まず、6弦で1F→2F→3F→4Fと弾きます。

次に、5弦で同じように1F→2F→3F→4Fと弾きます。

また同じように4弦で1F~4Fまで・・・という感じで、1弦まで降りてきます。

1弦まで降りたら次は戻ります。

1弦で4F→3F→2F→1F、

次は2弦で4F→3F→2F→1F、

という感じで、また6弦まで帰ってきます。

楽譜で見るとこうなります。

こうして6弦まで帰ってきたら、次は1F上がって全く同じことをします。

つまり、6弦で2F→3F→4F→5F、

1弦まで降りたら、5F→4F→3F→2Fという風に戻ってきます。

で、また6弦まで戻ってきたら、今度は3Fからスタートして・・・

という感じで、どんどん上がっていきます。

どこまで上がるかは自由ですが、おとかぞくでは9フレットまで上がっていただくことにしています。

 

2.注意点

このクロマチック練習を行う時に大事な注意点を2つお伝えします。

まず、左手の指ですが、必ず担当を決めてください。

1F・・・人差し指

2F・・・中指

3F・・・薬指

4F・・・小指

もう一つ、右手のピッキングについてですが、弦を弾く方向を必ず一定にしてください。

1F・・・ダウンピッキング(↓)

2F・・・アップピッキング(↑)

3F・・・ダウンピッキング(↓)

4F・・・アップピッキング(↑)

この2点は絶対に忘れないように注意しましょう☆

 

3.応用

ここまでは一番基本のクロマチック練習ですが、色んなパターンを作り出すことが出来ます。

おとかぞくでは6パターンのクロマチックをお伝えしていて、

(行き)   (帰り)

①1234   4321 (今お伝えしたものです)

②1243   4312

③1324   4231

④1342   4213

⑤1423   4132

⑥1432   4123

往復の動きが違うので、合計12パターンの動きを練習できます。

他にも応用の仕方はいくらでもありますので、それはまた別の機会にお伝えしますね♪

 

おとかぞくではまずレッスンに来られた皆さんには、

最初の20~30分ほどはこのクロマチックでウォーミングアップをしていただいてから、その日の練習に入っていただきます。

ちゃんとギターを弾く指に温めてから練習に入るのはとても大事なことです。

私もついついサボってしまう時もあるのですが、クロマチックをきっちりやっている時期は明らかに上達速度に違いが出ます

そういえば先日、おとかぞくのレッスン生の30代の男性が、

「僕はクロマチック練習はつまらないから否定派なんです。だからクロマチックをやらなくても上手くなる方法や理由を見つけたいんだけど、探せば探すほどクロマチックの重要性ばかりが見つかってしまう。」と言ってました(笑)

どんな教本を見ても書いてありますし、もう疑う余地はないくらい大事な練習ということですね☆

お役に立ちましたでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

無料体験レッスンはこちらから

-お役立ち情報

Copyright© おとかぞく , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.