初心者のための社会人バンドサークル・音楽教室

お役立ち情報

ドラム入門~初心者の方にまず覚えてほしい4つのストローク~

投稿日:

おはようございいます!

初心者の方のための音楽サークル「おとかぞく」代表のひろです。

本日は、これからドラムを始める方のために、基本となる4つのストロークについてお話できればと思います。

お役に立てれば嬉しいです☆

 

 

ハイポジションとローポジション

まず構え方として2つ、ハイポジションとローポジションがあります。

打面から遠く高く構えるのがハイポジション、

打面からあまり離さず低く構えるのがローポジション。

この2つの構えから、それぞれ2つずつ叩き方があるので、合計4つの叩き方があると考えてください。

 

4つのストローク

ではまずハイポジションから始める2つのストロークです。

ハイポジションから叩き始めてハイポジションに戻ってくるのが

フルストロークと言います。

 

次に、ハイポジションから叩き始めてローポジションで終わるのが、

ダウンストロークと言います。

ダウンストロークのコツとしては、跳ね返りを1cmで止めるようなイメージだと分かりやすいです。

あまり跳ね返りすぎてもビロ~ンとだらしない音になりますし、

打面にくっつけて止まってしまっても響きを損なって音が死んでしまいます。

当たる瞬間に握りこむような感じで跳ね返りを1cmで止めると、スパーン!と良い音がします。

 

次にローポジションから始める2つのストロークです。

ローポジションから始まってハイポジションまで戻ってくるのが、

アップストロークと言います。

これはちょっと難しいのですが、

最初に低く構えているので、どうしてもスティックをもう一度持ち上げて振りかぶりたくなります。

でもそこをグッと我慢して、手首が上に吊り上げられるようなイメージで、スティックの先端を下に向けると勝手に打面に当たると思います。

このアップストロークでは大きな音を出そうとせず、ただ当たるだけくらいの感触でやると掴みやすいかなと思います。

最後に、ローポジションから始まってローポジションで終わるのが

タップストロークと言います。

これはもう軽く触るだけというイメージで大丈夫です。

 

まとめるとこんな感じです。

慣れてくればそれぞれご自分なりのコツみたいなものが出来てくると思いますので、まずはこの4つのストロークを覚えておきましょう☆

 

アップダウン

最後に、ダウンストロークとアップストロークを連続で行うアップダウンことを覚えておいていただきたいと思います。

まずダウンストロークはハイポジションで始まってローポジションで終わります。

やってみましょう!ビシッ!

今ローポジションで止まってますよね?

そこからアップストロークです!トン!

今ハイポジションで終わってますよね?

そこからまたダウンストロークです!ビシッ!

これを連続して行うことをアップダウンと言います。

このアップダウンは今後ドラムを叩いていく上で絶対に必要になってきますので、必ず習得しましょう♪

音家族でもこのアップダウンはかなり練習をしていただきますが、すぐに出来る人はいません。私も苦労しました。

ですが繰り返し練習していると必ず出来るようになりますので、根気よく続けてみてくださいね☆

コツとしましては、

・ダウンストロークの最後をしっかりとローポジションで止めること

・アップストロークの最後をしっかりとハイポジションまで戻すこと

これによって、また次の動作が生まれるわけですね。

 

お役に立ちましたでしょうか?

音家族ではこの4つのストロークをドラムを初めて1か月以内にはお教えして、基本の土台を作っていただいております。

もし文面で分かりにくければ、お気軽に体験レッスンに遊びにいらしてください。

無料体験レッスンはこちらから

 

-お役立ち情報

Copyright© おとかぞく , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.