初心者のための社会人バンドサークル・音楽教室

お役立ち情報

ベース入門(今からベースを始める人が最初に覚えること。)

投稿日:

おはようございます!

初心者のための音楽サークル「おとかぞく」代表のひろです。

本日は「今からベースを始めるぞ!」という方のために、まず覚えるべきことについてお話できればと思います。

ベース初心者の方のお役に立てれば嬉しく思います。

 

 

1.弦

まずこの画像をご覧ください。

ベースには4本の弦がついていますが、どちらが1弦がお分かりになりますでしょうか?

そうです、一番下が1弦なんですね☆

一番上が4弦ですね。

これはとても大事なので、必ず覚えましょう☆

下から順番に1弦・2弦・3弦・4弦ということになります。

 

2.フレット

次に、縦に入っている金属をフレットと呼びます。

これにも順番があって、ベースのヘッド側から数えて1フレット・2フレット・・・という風に呼びます。

 

3.楽譜の読み方

ベース用の楽譜はTAB譜と言われるものを使います。

どこを弾けばいいか数字で書いてくれているのでとても分かりやすいですよ☆

(手書きですみません)

横に線が4本書いてあるのが分かりますでしょうか?

なぜ4本か分かりますか?

そうです!ベースの弦が4本だからですね。

で、先ほどベースでは一番下が1弦と言いましたが、

楽譜では一番上が1弦です!

これが非常にややこしい!

私もこれに騙されて、2か月くらい逆に弾いていて「何かおかしいな~?」と感じていました(笑)

みなさんは時間を無駄にせず、最初から正しく弾いてくださいね!

それではあるフレーズを、この楽譜上に書いてみます。

合計で8つの数字が並んでいます。

まず一番左の、この数字はどういう意味でしょうか?

これは、3弦の3フレットを弾いてくださいという意味です。

ベースで言うとここです。

最初はちょっと戸惑うと思いますが、少しずつ慣れていきましょう!

では、次のこの数字はどういう意味でしょうか?

もうお分かりですよね?

これは、3弦の5フレットを弾いてくださいという意味です。

ベースで言うとここです。

それでは次の数字を連続でいってみます!

この3つはどこを弾けばいいかというと・・・

2弦の2フレット・3フレット・5フレットですね。

そして次の3つは・・・

1弦の2フレット・4フレット・5フレットということになります。

この8つの音の並びが何のフレーズか分かりましたでしょうか?

答えはドレミファソラシドですね。

まとめるとこうなります!どん!

まずはこれに慣れてみましょう!

ドシラソファミレドと戻ってきてもOKです。

キラキラ星やチューリップ、ドレミの歌なんかはこの8つの音だけで弾けますので、

まずはそうやってベースを弾くことに慣れていくといいかなと思います。

 

今回は弦・フレット・楽譜の読み方についてお話させていただきましたが、

◇ピックor指

◇左手は何指で押さえるの?

など、他にも疑問は生まれてくると思います。

それはまた他の記事でお伝えしたいと思います。

※最後に、楽譜上にという数字が出てきたら、その弦を何も押さえずに弾いてください(解放弦)という意味です。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

これからベースを始める方のお役に立てれば幸いです。

無料体験レッスンはこちらから

 

-お役立ち情報

Copyright© おとかぞく , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.