初心者のための社会人バンドサークル・音楽教室

お役立ち情報

ギター初心者講座(今から始める人)

投稿日:

おはようございます!

初心者のための音楽サークル「おとかぞく」代表のひろです。

本日は、たった今からギターを始める人のために、簡単な講座をさせていただきたいと思います。

お役に立てれば嬉しく思います。

 

 

1.弦

ギターには6本の弦がついています。

ここでは弦の番号を覚えましょう!

一番下が1弦、一番上が6弦です。

下から順番に1弦・2弦・3弦・4弦・5弦・6弦です。

これだけしっかり覚えておいてください。

 

2.フレット

次に、フレットです。

ネックの縦に入っている金属のことですね。

これをそれぞれ1フレット・2フレット3フレット・・・という風に呼びます。

 

 

3.TAB譜の読み方

次は楽譜の読み方をお伝えします。

ギターにはTAB譜という特殊な楽譜を使います。

弾くべきところを数字で書いてくれているので、とっても分かりやすいですよ☆

 

まず、これがTAB譜です。

※手書きですみません(笑)

横に線が6本入ってます。

ピアノなどで使う楽譜は線が5本なのに、なぜギターは6本か分かりますか?

そうです!弦が6本だからですね!

この6本の線は、それぞれの弦に対応しているわけです。

 

で、次が一番大事です!

実際のギターでは一番下が1弦でしたが、

TAB譜ではなんと!一番上が1弦なのです!

なぜそんな分かりにくいことを!?(笑)

このせいで私もギターを初めて最初の2か月くらい間違って弾いていました(笑)

でも後で徐々に意味が分かってきます。

とりあえず慣れましょう!

TAB譜上に謎の数字が現れました!

これは、5弦の3フレットを弾いてくださいという意味です。

なので、ギターで言うと、

ここを弾きましょう!

 

もう一つ一緒に練習しましょう!

また一つ謎の数字が現れました!

これは4弦の0フレットを弾いてくださいという意味です。

0フレットというのは解放弦という意味で、その弦を何も押さえずに弾けばOK!

これでTAB譜の読み方は基本的には大丈夫です!

では実践の中で慣れていきましょう!

 

4.弾く

それでは最終章です。

まずはこの楽譜を見てください。

全部で8この音が並んでいます。

ちょっとおさらいしながらいきます。

最初の音は5弦3フレット。

次は4弦0フレット(解放)。

次は4弦2フレット。

そして4弦3フレット。

そして3弦0フレット(解放)。

3弦2フレット。

2弦0フレット(解放)

最後は2弦1フレット。

もう一度楽譜を載せておきますね。

何のフレーズかお分かりになりましたでしょうか?

ドレミファソラシドですね。

慣れてきたら逆から戻る練習もしてみましょう!

 

フレットの押さえ方、ピックの持ち方、使う指などもいろいろ細かいことはあるのですが、

とりあえず最初はギターを弾くことを楽しむのが一番大事です。

おとかぞくでもまずは皆様に楽しんでいただいて、徐々に「もっとこうした方がいいですよ」という説明を追加していきます。

いきなり「ピックはこう!フレットはこう!指はこう!」と言われても混乱しちゃいますからね(笑)

それではまた次回!

最後までお読みいただきありがとうございました☆

無料体験レッスンはこちらから

-お役立ち情報

Copyright© おとかぞく , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.