初心者のための社会人バンドサークル・音楽教室

お役立ち情報

超・初心者のためのドラム入門(ドラムセットがなくてもできる練習)

投稿日:

おはようございます!

初心者の方のための音楽サークル「おとかぞく」代表のひろです。

本日のテーマは、

ドラムセットや練習器具がなくても、とりあえず8ビートを覚えちゃおうです。

電車の中や仕事の休憩中、ディズニーランドのアトラクション待ち時間(笑)でも軽く出来ますので、お役に立てれば嬉しく思います。

 

1.右手

まず、右手で右ひざを8回叩きましょう。

ポンポンポンポン・ポンポンポンポン

8回だけですよ?できましたか?

 

2.左手

では次に、右手が3回目と7回目の時に、同時に左手で左ひざを叩いてみてください。

ポンポンポンポン・ポンポンポンポン

※赤い文字のところは両手同時になります。

 

3.右足

それでは最後に、右手が1回目、5回目、6回目の時に、同時に右足を踏んでみてください。

ポンポンポンポン・ポンポンポンポン

※赤い文字のところは両手同時、青い文字のところは右手・右足が同時になります。

これが一番よく出てくる8ビートですね。

手で膝を叩くだけでも、ちょっとしたリズムになって楽しいと思います☆

 

4.応用

ここまで出来たらあとは応用です!

両手のパターンはそのままで、右足だけちょっと変えます。

先ほどは足を踏むのが1回目・5回目・6回目でしたが、次は1回目・4回目・5回目に変えてみましょう。

ポンポンポンポンポンポンポンポン

※赤い文字は両手同時、青い文字は右手・右足が同時です。

ちょっと違ったタイプの8ビートになりましたよね。

これもよく聞くリズムではないでしょうか?

 

もう一つだけ一緒にやってみましょう!

次は足を踏むのが1回目・4回目・6回目になります。

ポンポンポンポン・ポンポンポンポン

これはちょっと難しいという人が多いです。

私も苦労しました!(笑)

 

5.まとめ

今回練習していただいた3つのフレーズをまとめておきますね。

1.ポンポンポンポン・ポンポンポンポン

2.ポンポンポンポンポンポンポンポン

3.ポンポンポンポン・ポンポンポンポン

※赤い文字は両手同時、青い文字は右手・右足が同時になります。

足の位置(青い文字)がズレているのが分かりますよね?

両手は全く同じでも、キックの位置が変わるとリズムの雰囲気が変わるのがご理解いただけると思います。

 

まずは両手両足がバラバラに動くということに慣れてみていただいて、

機会があればドラムセットで同じことをやってみてくださいね☆

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

これからドラムを始める方のお役に立てれば幸いです。
無料体験レッスンはこちらから

-お役立ち情報

Copyright© おとかぞく , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.