初心者のための社会人バンドサークル・音楽教室

お役立ち情報 バンド活動 集客

【経営者視点で見たバンド集客・ファン作り】10人より100人動員する方がカンタンな理由。

投稿日:

皆様こんにちは。おとかぞく代表大塚博一と申します。

本日は「10人動員するより100人動員する方がカンタンな理由」についてお話したいと思います。

1人だけ動員できますか?

例えばあなたのバンドが毎回5~10人のお客様を動員しているとして、「100人動員するのは大変だ!」と思っていませんか?

その考え方をぜひ逆にして、「100人動員するほうがカンタンだ!5~10人だけ動員する方が難しい!」と思ってみてください。

別の言い方をすると、いつも5~10人動員しているあなたのバンドが、「次回のライブでは必ず1人だけ動員してください。2人以上動員したらアウト!」と言われたらどうですか?出来ますか?逆に難しいですよね。

あなたのバンドのライブに価値を感じて来てくれる人が毎回5~10人いるのに、次回だけはそれを1人だけにしろ!と言われたら、やり方を思いつかないと思います。

その方向で考えていただければ、100人動員する方がカンタンだという答えに辿り着くと思います。

ボーカルやギターの技術も同じ。

バンドをやっている人なら一度は言われたことがあると思います。

・なんでそんなに軽々と速弾きができるんですか?

・なんでそんな楽そうに凄い声量が出るんですか?

あなたは答えを知っていますよね?この質問は実はまったくの正反対で、

軽々としか速く弾けないのです。楽そうにしか凄い声量は出ないのです。

大きな結果ほど実は無駄がなくて脱力できている状態だということを、あなたは既に知っているはずです。

もっと簡単でシンプルなことをやる。

私のブログではよく触れますが、友達に声をかけてライブに来てもらっているバンドは本当に多いです。そんなことをして何の意味があるのでしょうか?

自分のバンドは何の価値も発信していない、自己満足の曲を作って演奏しているだけ。

それなのに別にあなたのバンドのファンではないただの友達にお金を払って見に来いと勧誘し、電車代や時間も使わせて、会場では盛り上がってくれとお願いして、最後の曲の前では「えーっ!」と言ってもらう。

非常にややこしいことをやっていると思いませんか?

そんな難しいことをするよりも、人が欲しがるものを作ってその人達に告知をして、喜んでお金を払っていただく方が100倍カンタンなのです。

難しいことができる人はカンタンなことも出来るはずです。

今あなたがやっているバンド活動は、実は一番難しいことをしているのかも知れません。もっとシンプルに考えれば、それだけ難しいことを出来るあなたのバンドは必ず成功します。

バンドマンの教科書はこちら

 

 

-お役立ち情報, バンド活動, 集客
-, ,

Copyright© おとかぞく , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.